ベアミネラル エコリュクス

ベアミネラル研究所フェイスカラー>エコリュクス

携帯電話の方⇒ミネラル100% ベアミネラル(QVC)
ベア初体験なら⇒ベアミネラル(公式携帯サイト)


ベアミネラル エコリュクスをGETしました!クチコミ記事です♪



ベアミネラル エコ リュクス icon

爽やかなグリーンのアイカラーや目元用ブラシがセットになったコレクション。

アイカラーはバンブー、グラスホッパー、トゥィッグの3色。
日本人の肌に馴染みやすい色になっています。

フル テーパード シャドウブラシは、ポニーと牛の毛でできた、目元用ブラシ。ソフトな使いごこちで、繊細な目元の肌にも嬉しい、目元にアイカラーをのせやすい大きさとやわらかさになっています。



とりあえず、色チェック!

バンブーは日本人の肌にも合わせやすい、抹茶のような上品なグリーン。
グラスホッパーはゴールドに煌めくオリーブグリーン。
トゥィッグはラメ感のあるウォームブラウンです。


って言ってもわかりにくいので・・・

この記事ではバンブーを「抹茶色」、グラスホッパーを「オリーブ色」、トゥィッグを「ブラウン」と呼んで、レビューしていくことにしますね。

↓ってコトで、写真は左から「抹茶色」、「ブラウン」、「オリーブ色」。




手の甲に塗ってみました

↓晴れの日撮影



↓曇り空の元で。



こうして実際に肌に乗せてみると、今回のフェイスカラーは全て、かなり肌なじみが良い(色味的に、ってコトじゃなくて、それもあるけど、物理的に。)ですね。

ベアミネラルのジャンルでいうとガサマーとかの肌なじみとは対極(アレは塗るっていうより、肌にまぶす?感じの商品だから)で、ライナーシャドウのように”水溶きすることを最優先に考えられた商品”のような、肌なじみの良さ!


こんな使い方はいかが?

■1.アイホール全体に抹茶色。

んで、二重の幅にブラウン系を塗る、この2色は相性がイイのでバッチリですね。


■2.アイホール全体に抹茶色。

オリーブ色とブラウンを混ぜて水溶きにしたものをアイライナーとして使用。
混ぜるってのもアリ!


■3.アイホール全体に「抹茶色とオリーブ色を混ぜた色」。

ブラウン系を、目の中央から目尻の外側半分に太い幅で入れる。さらに目の下の外側半分にも。(要するに「く」の字型に!)
こうすると、ドラマチック(!)な顔に仕上がるらしいです。ドラマチック・・・。なんだドラマチックって。


↓んで、これが「抹茶色とオリーブ色を混ぜた色」です。混ぜることで微妙なカラー調節が可能。





↑で、3のメイクを実際にやってみました。

画像クリックで大きくなります。・・・が、ちょっと衝撃画像です。手抜きしてファンデーション塗らなかったのでなんだか色々残念です。あー残念だ。



購入案内

ベアミネラル エコ リュクス icon
ベアミネラル アイカラー(バンブー、グラスホッパー、トゥィッグが単品で購入できます。) icon

ベアミネラル商品一覧 icon

セットも単品も!ベアミネラル商品一覧はこちら(オフィシャルWEB)
ベアミネラル 新色&新商品をチェック! icon(QVC)

posted by 管理人K at 00:23 | Comment(0) | フェイスカラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。